普通鋼電炉業は、原料である鉄スクラップを電気炉で溶解、精錬して鋼塊を造り、これを圧延加工して、鉄筋コンクリート用棒鋼や形鋼などの普通鋼鋼材を製造しています。|→もっと詳しく|
 普通鋼電炉業は、国内で発生する鉄スクラツプを原料に鉄鋼を再生産する典型的なリサイクル産業です。小資源国であるわが国において数少ない資源の一つである鉄スクラップを有効活用し、循環型社会の構築に大きく貢献しています。
 主な用途は国内の建設用に使用され、わが国の住宅等生活関連施設および道路・港湾等社会基盤の整備に不可欠な資材となっています。
 また、普通鋼電炉会社は全国に約40社あり、その事業所数は約55事業所で広く全国各地に分布しています。地域に密着した産業として、雇用を確保するとともに、原料である鉄スクラップの調達、製品の製造販売等を通じ地域経済を支えています。